<< 2007 | main | 穴があったら入りたい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
100の希望
2007.1.7 はれ強風

昨年のお正月
小学生の甥っ子が学校で出された課題に
やりたいこと
100個書きなさい というものを
家族みんなで書いてみた
けど
大人チームとうてい100個なんていかない
苦しんで苦しんでせいぜい20個止まりでした。

小学生の甥っ子はすらすら〜100個書いていました。
内容は
空を飛びたい
とか
美味しいものたくさん食べたい
とか
なんでもアリだったんですけど。

大人チームは
お金かかることはできないなー
とか
こりゃ、とうてい無理だもんなー
とか考えて20、10個が限界とは悲しいかな。

そして年末に確認
そのせいぜい20個の希望が達成できたかというと

それはそれで
改めて書き出したせいか
7個クリア
ちいさなことでも年の初めにやりたかったことが
達成できているとわかると
うれしいかな。

今年も書き出さなければ。←こう強制的な感が出るのも大人なんでしょうか。
楽しく書き出さなければ!
うーん うーん

小学校の先生によると
達成したかしないかは問題ではなくて、
たくさん書くことが大事らしいです。
ほんとに非現実的なことでもなんでもいいんだそうです。

計画性ゼロと
すぐに忘れてしまうあたしにとっては
書いて時々見ることによって
現実化するっていう利点もあるのですが。
| ひとりごと | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
20個のうち7個クリアってすごいですね!
100個かぁ〜(@_@;)ん〜、私も考えてみます☆
トラックバックさせていただいてもいいですか?
| shiho | 2007/01/08 10:45 AM |
先生が言うには、なんでもいいんだそうです。とにかく沢山書ければ。達成できなくても。だそうですよ。トラックバックしてくだつぁい〜。
| mii- | 2007/01/08 1:48 PM |









http://mini-mii.jugem.jp/trackback/176
できるか?!100の希望。
mii-memo の mii- さんの”100の希望”を読んで,ちょっと私も考えてみました。 実は会社の社長もよく言っていることだったりするのですよ。 しかも,最近続けてこの話題にぶつかることがあって,「せっかくの機会だから考えてみよう!」というわけです。(私のアンテ
| Sunny side Diary | 2007/01/09 4:33 PM |